小説の書き方!タイトル次第で努力は水の泡

 

小説の書き方!タイトル次第で努力は水の泡

小説のタイトルについて語ると、「大切なのは中身だろ!」と仰る方がおります。

 

確かに中身は大切です。しかし、タイトルが詰まらないと、小説を読んでもらえることはありません。

 

ですから、小説のタイトルは手を抜かずにしっかりと考えるようにしましょう。

 

小説の書き方

 

小説のタイトルが持つ使命

 

小説の中身を商品とするのなら、タイトルは営業マンだと例えるべきでしょう。

 

どれほど良い商品があったとしても、その存在を知らなければ購入することはできません。

 

そこで営業マンの登場です。

 

営業マンが頑張ることで、良い商品が世の中に知られるようになります。そして商品が知られれば、興味を持って購入する方も出てきますよね。

 

この後は、商品が本当に良い物であれば口コミで広まり、多くの人が手にとるようになるハズです。

 

小説のタイトルが詰まらないと

 

書店で小説が並んでいるコーナーを歩いている。そうイメージしてみて下さい。

 

小説の場合は、目を引くタイトルであれば中に興味を持つのではないでしょうか? ですが、ありふれたタイトルであれば手に取ってもらえる可能性は低いですよね。

 

興味を持てば、中を確認したりして評価をするハズです。良い評価か悪い評価かは分かりませんがね。

 

ですが、興味を持ってもらえなければ評価すらしてもらえません。

 

そういった理由があるので、タイトルはしっかりと決めましょうという話でした。

 

タイトルの決め方については、コチラを参考になされて下さい。
小説のタイトルを決めるコツ!

スポーンサードリンク

関連ページ

小説の書き方!段落のルールはパソコンで書く場合にもある
小説をパソコンで書くのが当たり前の時代になりました。このことが小説を紙に書くしかなかった時代とのズレを生んでおります。このズレに振り回されないためにも、小説を書く時のルールを少し確認しておきましょう。今回は段落の話です。
小説の書き方!ビックリマークで忘れがちな空白
小説をパソコンで書くのが当たり前の時代になりました。このことが小説を紙に書くしかなかった時代とのズレを生んでおります。このズレに振り回されないためにも、小説を書く時のルールを少し確認しておきましょう。今回はビックリマークと空白の話です。
小説の書き方!…や―にも使い方に作法があるって本当?
小説の書き方として知っておきたいことに、…や─の一般的な使い方があります。厳格なルールではないのですがね、このような詰まらないことでマイナス評価をされる場合もありますから、日頃から気をつけるようにした方が良いのは確かです。
小説の書き方と文章の作法!()は使い過ぎない
小説で()括弧を使う方も多いですよね。しかし小説を書き始めたばかりの段階の方は、()は使わない方が良いかもしれません。小説を書く能力を上げるのを邪魔される可能性があるからです。今回は、そんな()についてのお話をさせて頂きます。