ルール

 
スポーンサードリンク

ルール記事一覧

小説を書くとき、段落の頭には全角空白を入れます。なぜ空白を入れるのかというと、段落であると読者さんに伝えるためです。段落について段落の頭に空白を入れるのは、基本中の基本ですよね。ですから、賞なんかに挑戦をする場合は段落がないと、門前払いを喰らいます。ですが、この段落はWEBサイトなどでは省かれる場合も多くあります。このサイトの記事みたいに。なぜこのサイトでは、段落に空白を入れていないのかというと入...

小説の書き方として、見落としている方が多いルールというものが多く存在します。その一つはビックリマークやクエッションマークの後ろにつける空白です。ちなみにビックリマーク、クエッションマークというのはこれですよ。▼ ▼ ▼ビックリマーク=!クエッションマーク=?ビックリマークとクエッションマークの空白とは?ビックリマークやクエッションマークの後ろには、全角空白を入れるというルールがあります。例を出すの...

小説を書く場合のルールというのは多々あります。ネットを通して使う小説投稿サイトのなんかの場合は、ルールというよりも”こうした方が、読者さんは読みやすいよ〜”程度だと思った方が良いのですがね。この点を勘違いして、「ルールだ〜!」「マナーだ〜!」と叫んだ場合、大恥を書きますから注意をしましょう。ですが、、”こうした方が、読者さんは読みやすいよ〜”という工夫を取り入れた方が、あなたの利益になるのは確かで...

()この記号は、主人公の思考を描くのに使われることが多いですよね。しかし、小説を書き始めたばかりの段階では、あまり使わない方が良いかもしれません。心理描写の手段として便利すぎるのがその理由です。便利なので心理描写に挑戦しなくなり、描写の上達が遅れる可能性があります。また、()という表現の多様は、小説を安っぽく見せる可能性も──。ですから、”容量用法を守って正しく使いましょう”と注意書きがつく表現手...

小説のタイトルについて語ると、「大切なのは中身だろ!」と仰る方がおります。確かに中身は大切です。しかし、タイトルが詰まらないと、小説を読んでもらえることはありません。ですから、小説のタイトルは手を抜かずにしっかりと考えるようにしましょう。小説のタイトルが持つ使命小説の中身を商品とするのなら、タイトルは営業マンだと例えるべきでしょう。どれほど良い商品があったとしても、その存在を知らなければ購入するこ...