小説の書き方の通信講座で学ぶメリットは?

 

小説の書き方の通信講座で学ぶメリットは?

小説の書き方を学ぶ時、通信講座で学ぶ方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

学生ならともかく会社員になると、色々な制約が出てきます。小説の書き方を学ぶ時間など取れませんし、学校のある遠方まで行くことも出来ません。ですから、通信講座で効率的に学ぶのが最善という場合が多いと思います。

 

この小説の書き方の通信講座のメリットは何かを、今回はお伝えしようと思います。

 

通信講座

 

小説の書き方を通信講座で学ぶメリット

 

小説の書き方は、本でも学べます。また、情報の質の問題はありますがネット上でも勉強はできます。

 

ですが、それらの情報と言うのは体系的ではありません。

 

体型的な情報と言うのは関連性がハッキリしており、関係に基づいて使えるように整理されています。一方で本やネットの情報と言うのは断片的な情報です。情報同士の関連性が曖昧になっています。

 

この点を詳しくお伝えすると、小難しい話が延々と続くことになりますしアナタの得るものもほとんどない事でしょう。ですから、ここまでにしておきます。

 

とりあえず通信講座で学べば、体系的に整理された情報を学べるとだけ覚えておいたください。

 

体型的に整理された情報を学べるということは?

 

体型的に整理された情報で、小説の書き方を学べる通信講座。

 

通信講座を利用するメリット。その具体例としては、効果的な訓練プログラムが用意されていることにあります。

 

初心者レベルから始めて、徐々にレベルアップしていく形で訓練を受けられます。

 

こういったプログラムが書かれた本も、ごく稀に存在しますが、それらは著者の個人的な見解が基になっている場合がほとんどです。

 

一方で通信講座の方は、体系的に整理された情報の共有などにより、多くの教えるプロが考えたプログラムである場合がほとんどである。

 

通信講座を活用する最大のメリットは?

 

小説の書き方を通信講座で学ぶ。

 

この最大のメリットは、なんといっても添削ではないでしょうか?

 

添削は学校のテストのようなものだと勘違いなさっている方もいらっしゃいます。確かに資格試験のための講座であれば、テストという側面が大きいでしょう。

 

しかし、小説の書き方を学ぶなどの講座の場合は違います。実力を測るというよりも、学んだ内容を勘違いして覚えていないのかという確認の側面が強くなります。

 

間違えて覚えていると、本当に色々な問題が生じますからね。

 

添削はとても重要ですよ。

 

終わりに

 

小説の書き方を通信講座で学ぶメリットを、いくつか書かせて頂きました。

 

個人的には通信講座を受けるのは、あるていど小説を書き慣れてからの方がいいんじゃないかな〜って思います。

 

初心者レベルから始められるっていう通信講座が多いのですが、小説を書き慣れていないと疲れて途中でやめてしまいますから。

 

また、小説の書き方に関する通信講座には色々な物があります。ですが、ピンからキリまでありますから、どの通信講座に挑戦するかは慎重に選びましょう。

 

物によっては、時間とお金をドブに捨てることになります。

 

とりあえず、講師の経歴、添削があるか、通信講座を出している会社の実績、これらは絶対に確認しておきましょうね。

スポーンサードリンク