小説の書き方!プロットを引く無料ソフト・私の使い方

 

小説の書き方!プロットを引く無料ソフト・私の使い方

小説の書き方を覚えるのであれば、プロットの作成方法の取得は必須といえるでしょう。プロットなしで書くと、伏線の見落としや物語の矛盾などがけっこう出てくるものですから。

 

そんなプロットは、パソコンソフトで管理するのが最近の主流。

 

でも、プロットを管理できるパソコンソフトが多すぎて、どれを選べば良いのか迷ってしまうのではないでしょうか?

 

今回は、参考として私の使っているソフトをご紹介いたします。

 

書き方

 

お勧めのプロット管理ソフト

 

私は小説のプロット管理は、nami2000という物を使っています。シンプルですし、軽いですし、かなり使いやすいですよ。

 

使い方ですが、私は全ての機能を使っているというわけではありません。使っているのは、一部の機能のみです。

 

私の使い方

 

まずは”後に追加”で、物語の場面を作ります。このとき、その章で使う場面を全て作ってしまうと良いでしょう。

 

プロット

 

次に各シーンごとに、”下の階層に追加”で話を入れます。

 

今回は”シーン1”をクリックした後で、”下の階層に追加”を使ってみました。

 

プロット

 

ちなみに、右側のスペースの一番上の段落に入れた言葉が、ツリーの部分(画像の左側)でタイトル的な感じで表示されます。

 

プロット

 

あとは、この繰り返しです。

 

ちなみに、ツリーの部分を右クリックして行う操作に慣れると、作業を行うのが楽になりますよ。

 

使い慣れていない内は大変ですが

 

nami2000は使い慣れていない内は、操作に戸惑うのではと思います。

 

ですが、慣れるのにそれほどの時間は掛らないハズです。

 

終わりに

 

今回は、nami2000というプロット管理ソフトの使い方をお伝えしました。

 

もちろん、今回お伝えしたプロットを管理するソフトは他にもあります。ですが、nami2000は比較的使いやすいソフトですから、1度使ってみるのも良いかもしれませんよ。

 

もしも、他のプロット管理ソフトをお探しでしたら、検索エンジンで”アウトラインプロセッサ”と、入力してみて下さい。

 

色々と発見できるはずです。

スポーンサードリンク

関連ページ

小説の書き方!パソコンで書くメリットは?
パソコンが一般の家庭に普及してからは、パソコンで小説の原稿を書くのが一般的になりました。小説をパソコンで書くことには、どのようなメリットがあるのでしょうか?今回は小説をパソコンで書くメリットをお伝えします。これらのメリットを考えながらパソコンを使うと良いでしょう。より、パソコンの恩恵を得られるハズですよ。
小説の書き方!無料のパソコンソフトで書くのならコレ
小説を書くのに、多くの方がパソコンを使っていますよね。小説を書くとき、パソコンに最初からインストールされていたソフトを使うのも良いと思います。ですが、小説を書くために作られたソフトを探してみるのも、なかなか面白いのではないのでしょうか?今回は、無料で小説を書くのに使えるソフトをお伝えします。
小説の書き方!プロットはソフトを使ってスッキリさせよう
小説を書くのであれば、プロットを引く作業が欠かせません。このプロットしだいで、物語が破綻しますからね。このプロット作業ですが、様々なソフトウェアが無料で公開されています。とても便利なので、導入を検討するのも良いかもしれませんよ。
小説の書き方(パソコンで)!ワードは向いていませんよ…多分
小説を書くときには、パソコンを使うというのが近年の傾向です。パソコンで小説を書くときワードを使う方もいらっしゃいますが、それはベストな選択なのでしょうか? 今回はワードは小説を書くのに向いてはいないのではないか? と、いう話を軽くさせて頂きます。
小説の書き方!パソコンのワード設定は文字数がカギ
小説をパソコンのワードを使って書く場合、事前に設定を行いますよね。その設定は、まず文字数から始めます。好みによって、2種類の設定から選ぶことになります。今回は、小説をパソコンのワードを使って書く場合の文字設定についてお伝えします。
小説の書き方!パソコンのフリーソフトはこうやって選ぶ
小説を書くときには、大半の方がパソコンを使用します。このとき、なんらかのソフトを使う必要がありますよね。今回は、パソコンで小説を書くときに使うフリーソフトは、どのように選べば良いのかについてお伝えします。