小説の書き方!パソコンのワード設定は文字数がカギ

 

小説の書き方!パソコンのワード設定は文字数がカギ

パソコンのワードを使った小説の書き方を考えているのであれば、ページ設定が重要になります。

 

特定の賞を狙っているのであれば、とうぜん公募要綱に従った文字数に設定をします。

 

ですが、字数行数の指定がない場合は、2種類のページ設定のどちらかを選ぶことになりますよ。

 

ワード

 

パソコンのワードで小説を書く場合のページ設定

 

パソコンのワードを使って小説を書く場合の、ページ設定についてお伝えします。もちろん、特定の賞を狙わない場合です。

 

まずは、基本となる設定をお伝えします。

 

基本は40字×30行のページ設定

 

基本となるのは、40字×30行のページ設定。1ぺーじ1200文字となり、小説の基本となる400字詰めの原稿用紙3枚分となります。

 

なぜ20×20(400文字)の設定にしないのかというと、文字数が多いので全体を把握しやすいからです。少し前の文章を読み返すのが、20×20(400文字)の設定よりも楽ですよ。

 

1200文字で書いた方が、修正などを行いやすいと言い変えることもできます。

 

また、これ以上の文字数になると、パソコンの画面に収まらないことが多々あり書きにくくなります。

 

そして40字×30行のページ設定で書き終わったら、いちど20×20のページ設定に直してみましょう。このとき縦書きに直すこともお忘れなく。

 

文字数を変えて縦書きに直すと、文字の並びに不満が出ると思いますから、この時点で修正をするようにしましょう。

 

修正を終えたら、紙に印刷してみると良いですよ。

 

モニターで見た場合と紙で見た場合とでは、雰囲気が全く違いますから。

 

正確な枚数を知りたいのなら20×20で

 

正確な枚数を知りたいのなら、20×20のページ設定で小説を書きましょう。利点は多くありませんが、欠点も多くない無難なページ設定です。

 

ページの移動なんかが少し面倒かもしれませんが、この辺りは好み次第だと思います。

 

終わりに

 

今回は、パソコンでワードを使って小説を書く場合の設定についてお伝えしました。

 

とりあえず40字×30行のページ設定を試して、好みに合わなければ20×20のページ設定を試してみるという形で良いのではないでしょうか?

 

しっくりくる文字設定を見つけたら、あとは文字サイズなどの調整を行いましょう。

スポーンサードリンク

関連ページ

小説の書き方!パソコンで書くメリットは?
パソコンが一般の家庭に普及してからは、パソコンで小説の原稿を書くのが一般的になりました。小説をパソコンで書くことには、どのようなメリットがあるのでしょうか?今回は小説をパソコンで書くメリットをお伝えします。これらのメリットを考えながらパソコンを使うと良いでしょう。より、パソコンの恩恵を得られるハズですよ。
小説の書き方!無料のパソコンソフトで書くのならコレ
小説を書くのに、多くの方がパソコンを使っていますよね。小説を書くとき、パソコンに最初からインストールされていたソフトを使うのも良いと思います。ですが、小説を書くために作られたソフトを探してみるのも、なかなか面白いのではないのでしょうか?今回は、無料で小説を書くのに使えるソフトをお伝えします。
小説の書き方!プロットはソフトを使ってスッキリさせよう
小説を書くのであれば、プロットを引く作業が欠かせません。このプロットしだいで、物語が破綻しますからね。このプロット作業ですが、様々なソフトウェアが無料で公開されています。とても便利なので、導入を検討するのも良いかもしれませんよ。
小説の書き方!プロットを引く無料ソフト・私の使い方
小説を書くのであれば、プロットの引き方を学ぶのは必須と言えるでしょう。物語の矛盾や伏線の未回収を防ぐためには、プロットがあった方が良いですからね。今回は、プロットを引くためのソフトを私がどのように使っているのか、具体的な操作方法をお伝えします。
小説の書き方(パソコンで)!ワードは向いていませんよ…多分
小説を書くときには、パソコンを使うというのが近年の傾向です。パソコンで小説を書くときワードを使う方もいらっしゃいますが、それはベストな選択なのでしょうか? 今回はワードは小説を書くのに向いてはいないのではないか? と、いう話を軽くさせて頂きます。
小説の書き方!パソコンのフリーソフトはこうやって選ぶ
小説を書くときには、大半の方がパソコンを使用します。このとき、なんらかのソフトを使う必要がありますよね。今回は、パソコンで小説を書くときに使うフリーソフトは、どのように選べば良いのかについてお伝えします。