小説の書き方|初めてなら小説の種を見つけよう

 

小説の書き方|初めてなら小説の種を見つけよう

小説を0から作るのはかなり難しいことですから、種となる物を用意した方が、執筆作業がはかどりますよ。

 

この種を見つける方法ですが、一番のオススメはブレインダンプという方法です。

 

ブレインダンプは、ひたすら自分の思った事を書き続けるという方法なのですが、有名なのでご存知の方も多いと思います。

 

しかしブレインダンプの実践には、かなりの気力が必要となりますから、小説初心者の方だと途中で集中力が途切れて、ロクな収穫が無かった──などという結果になりかねません。

 

ですから、別の方法で小説の種を見つける必要があります。

 

小説

 

小説の種を見つけるには?

 

小説の種は、あなたの頭の中にあります。

 

上級者であれば、先に述べたブレインダンプがオススメなのですが、このサイトでは初心者の方向けの情報をお伝えしているので、初心者向けの小説の種を探す方法をお伝えさせて頂きます。

 

第一に行うこと:好きな創作物の名前を挙げる

 

小説執筆初心者の方が小説の種を見つけるのであれば、まずは小説、テレビゲーム、アニメ、ドラマ、映画などお好きな創作物を最低5つ挙げてみましょう。

 

『こんな小説を書きたい!』と情熱を持てる作品を書くと、後の執筆活動に良い影響を与えますよ。

 

このとき、パソコンなどを使うのではなく紙に手書きすることをオススメします。

 

手書きの方がパソコンなどを使うよりも多くの動作を必要とするため、脳を強く刺激できるからです。

 

第二に行うこと:先に挙げた創作物を分析する

 

好きな創作物を5つ以上あげたら、次はそれらのどこに惹かれたか分析してみましょう。

 

主人公のセリフ、舞台設定、雰囲気、セリフ回しなど、自分が好む作品の傾向を知ることにもなるので、しっかりと分析をしましょうね。

 

第三に行うこと:惹かれた部分の共通点を考える

 

各作品の惹かれた部分を挙げたら、それらの共通点を考えてみましょう。

 

ここで挙げた共通点が、これからアナタが書く小説の作品傾向となります。

 

そして小説の種を考える

 

アナタの好む小説の傾向について、ここまでの作業で掴めたと思います。

 

仮に掴めずとも、好む創作物の傾向を知るヒントは得られたのではないでしょうか?

 

たぶん漠然とした感じの方も多いと思いますが、この状態でも小説を0から書こうとするよりもは遥かに書きやすいハズですよ。

 

ここまで来たら、次は連想ゲームを行う感じでアイデアを出していきましょう。

 

先程の作業で出した好む作品傾向にあった世界観は? 主人公は? 小道具は? ライバルキャラは?

 

などアイデアを出していくと、やがて作品の大枠が見えてきますよ。

 

終わりに

 

今回のように、これから書く作品を考えるキッカケとなる種を見つけると、小説を書く難易度を大きく下げることができます。

 

小説を0から書くのは本当に大変なので、執筆活動に慣れていない方は、今回のような方法で種を見つける事から始めるようにしましょうね。

スポーンサードリンク

関連ページ

小説の書き方!プロットを初心者が引くのならコノ方法で
小説の書き方というものは、難しいという印象がありますよね。これは、初心者の段階で使う事のない技術に目を通している事が原因である場合がほとんどです。これから小説を書こうという方は、簡単なテクニックを実践する事から始めましょう。小説は楽しく気軽に書けるものですよ