小説の書き方!コツはリラックスする事にある

 

小説の書き方!コツはリラックスする事にある

小説の書き方のコツというのは、書いている人もこれから書こうとする人も気になりますよね。

 

このコツなのですが、”気軽に書きましょう”という考えが第一に挙げられます。ですが、多くの人は気軽には書けません。なぜ書けないのかというと、理由は書く事への恐れにあります。

 

コツ

 

書くことは怖いこと

 

人間というのは、建前と本音とを使い分けて生きています。とくに日本人は、この傾向が強いと言われていますよね。

 

なにかを表現する──今回の場合は小説という形で表現するとき、恐怖心が生じるものです。

 

表現するという事は、本来なら他人に見せないようにしている本心を見せるという事だからです。これって、かなり怖い事ですよ。

 

建前というのは嘘の自分です。建前が攻撃されても、自分そのものではないのですから傷は浅く済みます。

 

ですが小説などで自分を表現したのなら、そこにあるのは本心の自分です。小説が攻撃されれば深い
傷を負ってしまう! と、感じてしまいます。

 

恐怖心が小説をダメにする

 

書くことには恐怖心が伴います。人間の脳というのは、緊張すると思考の視界が狭くなってしまうものです。

 

思考の視界が狭まると、小説のアイデアは出てこなくなってしまうので致命的と言えますよね。

 

ですから、恐怖心を乗り越えなければ小説を書くのは、難しい挑戦になってしまうということです。

 

まずはリラックスして

 

小説を書く事への恐怖心。乗り越える方法としては、”書くことは怖い事じゃないよ”と脳に擦りこむのが確実です。

 

そのためには、小説を書くときにリラックスする事が大切になります。小説を書いている最中、暖かい飲み物を口にしたり、軽く運動をしたりしましょう。

 

あと、書き慣れていない段階であるのなら短編を書く事から始めるなど、小説の難易度を下げて気を楽にすることも良い影響が出るハズです。

 

終わりに

 

小説を書くとき、リラックスをしましょうというのが今回のまとめになるのではと思います。

 

緊張した状態になるとアイデアが出て来なくなるので、リラックスできる能力というのは小説を書くのにかなり役に立ちますよ。

スポーンサードリンク

関連ページ

小説の書き方!初心者向けの基本的な流れは?
小説の書き方を考える上で大切になるのが、作業の流れです。漠然と小説を書き始めても、完結を前に心が折れるのは目に見えております。ですから、作業の流れを意識して、小説を書いていくことはとても大切な事なのです。今回は、初心者向けの書き方の流れをお伝えしますので、ぜひご活用ください。
小説の書き方!視点は一人称か三人称が初心者にはオススメ
小説を書く上で決めなければならない事に、誰の視点で書くのかという物があります。この視点次第で、作品の雰囲気は大きく変わってくるので注意が必要です。視点によって長所と短所があります。ですから、ソレらを考えながら視点については決めるようにしましょう。
小説の書き方!視点移動はなるべく少なくしよう
小説を書くとき、よくある失敗が視点移動の多様です。視点移動を多用すると、読者さんが誰の視点なのか理解が出来ずに混乱してしまいます。ですから、視点移動は使いすぎに注意をしましょう。特に小説を書き慣れていない方は、視点移動は使わない位の気持ちで臨んだ方が良いかもしれませんよ。
短編小説の書き方!プロットの完成度を高める3つの技
短編小説を書くのであれば、プロットを引く段階で設定を間引く必要があります。このとき役立つ技術が3つあるので、今回はそれらについてお伝えしますね。プロットを上手に削ることが出来れば、短編小説の焦点がハッキリさせることができ、完成度がワンランクアップします。
小説の書き方!段落の決め方は?
小説は誰にでも書けます。義務教育を終えた語学力があれば。問題となるのは、書いた小説が誰かの心を動かせるかは別問題という点です。すなわち誰にでも小説は書けるけど、良い小説を書けるかは別というわけですね。当サイトでは、皆様が良い小説を書くためのヒントをご提供させて頂いております。ぜひ、お役立て下さい。
小説のタイトルを決めるコツ!
アナタの書いた小説を読んでもらえるかどうかは、タイトルにかかっています。タイトルに魅力がなければ、どれほど良い内容であっても小説に目を通してもらえる事はありません。今回は、小説のタイトルを決めるヒントについてお伝えします。
小説のアイデアはメモをして読んで、そして──
小説は誰にでも書けます。義務教育を終えた語学力があれば。問題となるのは、書いた小説が誰かの心を動かせるかは別問題という点です。すなわち誰にでも小説は書けるけど、良い小説を書けるかは別というわけですね。当サイトでは、皆様が良い小説を書くためのヒントをご提供させて頂いております。ぜひ、お役立て下さい。