小説の書き方!段落の決め方は?

 

小説の書き方!段落の決め方は?

小説を書くとき、絶対に段落は必要となります。

 

この段落ですが、声を出して書いた小説を読んでみると決めやすいとよく言われます。

 

小説の書き方

 

段落の決め方

 

小説を書いたら段落を決める必要があります。

 

書いた小説を読んでみると、どこで句読点を打てばよいのか指標を得られますよ。

 

息継ぎをする部分。ここに句読点を打ちましょう。

 

最近の段落について

 

今回お伝えするべき話は、もうございません。

 

ここからは大人の事情で書いた、無意味な駄文です。よって読んでも時間の無駄でしかありませんから、注意をしましょう。

 

段落について

 

段落というものは、作者の個性が現れています。

 

一つの段落に、文を何十個も詰め込む方もいます。また、原稿用紙にして1行も満なくとも段落分けを躊躇なく行う方もいらっしゃいます。

 

どのように段落を決めるかは判断は、作者の好みで決めれば十分だと思います。

 

ですが、読者は人間です。長い文章をずっと読めば疲れます。また、短過ぎる文章であれば、内容を理解できるだけの情報を得られないかもしれません。

 

すなわち段落というのは、読者さんの視点に立って決めなければ残念な事になるということです。

 

まぁ、このことを考えるのは小説を書くのに慣れてからで十分なのですがね。

スポーンサードリンク

関連ページ

小説の書き方!コツはリラックスする事にある
小説を書き始めると手が止まってしまう……その原因は緊張に在るかもしれません。緊張すると抽象度の高い思考が出来にくくなります。このため良いアイデアが出にくくなるので注意をしましょう。今回は、小説を書くときリラックスしましょうという話です。
小説の書き方!初心者向けの基本的な流れは?
小説の書き方を考える上で大切になるのが、作業の流れです。漠然と小説を書き始めても、完結を前に心が折れるのは目に見えております。ですから、作業の流れを意識して、小説を書いていくことはとても大切な事なのです。今回は、初心者向けの書き方の流れをお伝えしますので、ぜひご活用ください。
小説の書き方!視点は一人称か三人称が初心者にはオススメ
小説を書く上で決めなければならない事に、誰の視点で書くのかという物があります。この視点次第で、作品の雰囲気は大きく変わってくるので注意が必要です。視点によって長所と短所があります。ですから、ソレらを考えながら視点については決めるようにしましょう。
小説の書き方!視点移動はなるべく少なくしよう
小説を書くとき、よくある失敗が視点移動の多様です。視点移動を多用すると、読者さんが誰の視点なのか理解が出来ずに混乱してしまいます。ですから、視点移動は使いすぎに注意をしましょう。特に小説を書き慣れていない方は、視点移動は使わない位の気持ちで臨んだ方が良いかもしれませんよ。
短編小説の書き方!プロットの完成度を高める3つの技
短編小説を書くのであれば、プロットを引く段階で設定を間引く必要があります。このとき役立つ技術が3つあるので、今回はそれらについてお伝えしますね。プロットを上手に削ることが出来れば、短編小説の焦点がハッキリさせることができ、完成度がワンランクアップします。
小説のタイトルを決めるコツ!
アナタの書いた小説を読んでもらえるかどうかは、タイトルにかかっています。タイトルに魅力がなければ、どれほど良い内容であっても小説に目を通してもらえる事はありません。今回は、小説のタイトルを決めるヒントについてお伝えします。
小説のアイデアはメモをして読んで、そして──
小説は誰にでも書けます。義務教育を終えた語学力があれば。問題となるのは、書いた小説が誰かの心を動かせるかは別問題という点です。すなわち誰にでも小説は書けるけど、良い小説を書けるかは別というわけですね。当サイトでは、皆様が良い小説を書くためのヒントをご提供させて頂いております。ぜひ、お役立て下さい。