テクニック

テクニック記事一覧

小説の書き方のコツというのは、書いている人もこれから書こうとする人も気になりますよね。このコツなのですが、”気軽に書きましょう”という考えが第一に挙げられます。ですが、多くの人は気軽には書けません。なぜ書けないのかというと、理由は書く事への恐れにあります。書くことは怖いこと人間というのは、建前と本音とを使い分けて生きています。とくに日本人は、この傾向が強いと言われていますよね。なにかを表現する──...

小説の書き方には、1つの流れが存在します。とは言っても、書き方の流れというのは無数に存在しており、作家の数だけあるとすら言えるでしょう。今回は、初心者向けと思える基本的な書き方の流れをお伝えします。小説の書き方:基本的な流れは?今回ご紹介する小説を書く基本的な流れは、5つの段階に分かれています。小説の書き方:基本的な流れ物語の設定を決めるプロット作成の準備プロットを引く実際に小説を書く修正をする更...

小説の書き方で注意したい事柄に視点があります。この視点によって、物語の雰囲気が大きく変わってくるので注意が必要となりますよ。基本となる3つの視点一人称:私は、僕は〜など二人称:読者に語りかける感じ三人称:彼女は、彼は、幸子は〜など一人称について一人称の視点は、私は、僕は、俺は〜などという地文となります。心理描写を書きやすい、読者が主人公に感情移入しやすいなどが長所と言えるでしょう。一方で、他の登場...

小説の書き方でよくあるのが、視点移動の失敗です。視点移動を多用すると、読者が混乱します。例えば”どの登場人物の心情なのか分からない” と、いう感じで。ですから、小説を書き慣れないうちは1人の視点に固定してしまった方がよいでしょう。視点移動の多用は避けよう視点移動を適切に使う事ができれば、小説の物語を多角的に表現できます。この結果、物語を深く掘り下げられることが可能になるとされています。しかしこれは...

短編小説でプロットの書き方を勉強をするのであれば、3つの単語を学ぶことをオススメします。その単語とは、マクガフィン、オッカムの剃刀、チェーホフの銃。この3つです。3つの単語についてマクガフィン、オッカムの剃刀、チェーホフの銃。この3つは、プロットを修正するときに使う事になる技法です。小説を書いたことがない! このような場合であれば、プロットを書いたら上記3つの技法を徹底的に使ってみるようにしましょ...

小説を書くとき、絶対に段落は必要となります。この段落ですが、声を出して書いた小説を読んでみると決めやすいとよく言われます。段落の決め方小説を書いたら段落を決める必要があります。書いた小説を読んでみると、どこで句読点を打てばよいのか指標を得られますよ。息継ぎをする部分。ここに句読点を打ちましょう。最近の段落について今回お伝えするべき話は、もうございません。ここからは大人の事情で書いた、無意味な駄文で...

小説を書くのであらば、タイトルをいい加減に考えるわけにはいきません。その理由については、以下の記事を参考になされて下さい。→小説の書き方!タイトル次第で努力は水の泡今回は、タイトルの決め方についてお伝えします。タイトルを決める前に小説のタイトルを決めるのであらば、amazonのランキングを覗きましょう。とうぜん確認するのは、小説関連のランキングです。もうお分かりでしょうが、このランキングにある小説...

小説は、色々なアイデアを詰め込んで作ります。ですから、小説で使うアイデアをメモしておいた方が良いですよ。アイデアはリラックスと共にアイデアというのは、リラックスしている時に得られます。特に、それまで必死に考えていてチョット休憩したときなどに、アイデアは出やすいと言われています。しかし、思いついたアイデアも数分時間が過ぎただけで、忘れてしまう物です。よって、ポケットに入るようなサイズのメモ帳なんかを...