小説 書き方 入門

訓練方法記事一覧

小説を書くとき、頭を悩まされるのが描写力です。もしも小説から描写を抜きとったら、それは小説と呼べない物となり下がることでしょう。この描写力は、多くの小説入門書物で才能だとされています。これは大きな間違いです。描写力とは、描写をする技術の事です。技術である以上、訓練により鍛えることが出来ます。描写力の鍛え方小説の描写力。これを、どのようにすれば鍛えられるのでしょうか?その答えは──。描写力を鍛える訓...

描写力と共に、作者の頭を悩ませるのが想像力です。この想像力には、リアリティを出すための想像力、物語の展開を考える想像力、登場人物の会話に関する想像力など様々な物があります。想像力が無いと想像力が無い場合、小説が面白くないのは言うまでもありません。物語の展開がありきたり、物語にメリハリがない、登場人物の会話に違和感がある、リアリティが感じられない。想像力が書けた小説には、様々な問題が生じますよね。想...

速筆というのは、書くのが早いという意味。このように本サイト中ではとらえて下さい。この速筆が出来るようになると、小説を書く能力が大幅にアップします。普通のスピードで書いていると脳の判断や分析をしたがるクセが出てしまい、執筆に必要な様々な能力を抑え込んでしまいます。ですが速筆を行えるようになると、脳の判断や分析が思考に追い付かないためペンがスラスラと動くようになるという特徴がありますよ。この点を考える...

小説のプロットとは何か?この問いに答えるのなら、設計図という言葉が最も適切なのではと思います。プロットがなくても小説をかけるというのは本当か?プロットが無くても小説は書ける! このようにおっしゃる方もおります。ですが、その方の脳内には大雑把なプロットがある可能性が高い考えられます。なぜなら、プロットを用意しない場合でもキャラクター設定や物語の舞台などは、予め考えなければなりません。これらを考える段...