爵位を小説で使うための記事

 

爵位を小説で使うための記事

小説で使う事の多い爵位。

 

一番上は公爵だけど少々特別。

 

王族が一時的に名乗ったり、国外の有力者を取り込むために使われる。

 

だから、世の中の多くの人がイメージするのは公爵以外の爵位だと考えた方がいい。

 

その中でも世間一般のイメージと最も合致しているのが伯爵。

 

爵位は伯爵を中心に考える

 

爵位を考えるとき、伯爵を基本と考えた方がいい。

 

他国と接する国境地帯(辺境)に、領土を持つ大貴族が侯爵。

 

伯爵の子息、分家などが名乗るのは子爵。

 

村や町を治める小規模な貴族が男爵。

 

最低辺の貴族が騎士爵。

 

これらが基本となっている。

 

時代によっては貴族と考えられない爵位も

 

時代によっては、貴族として扱われない爵位がある。

 

それが男爵と騎士爵。

 

中央行政に関わると一代限りの爵位が与えら得る場合も

 

爵位の話を面倒にするのが中央行政。

 

日本でいうところの大臣になると、宮中伯、帝領伯、王領伯、地方伯などの伯爵にあたる一代限りの爵位が与えられる場合が多い。

 

また中央行政の一般的な官僚であれば、男爵にあたる爵位が与えられる。

 

爵位が売買されることも

 

国がヤバイ状況の場合、爵位が売買されることがある。

 

現実世界だと一代限りの爵位であることが多いけど、創作の世界だと成り上がりの始まりであることがほとんど。

 

小説で最も使いやすい爵位は伯爵

 

小説で貴族を出す場合。

 

その貴族の立場の決定を、物語がある程度進んでからとしたい場合は伯爵としておくといい。

 

あとで辺境伯とすれば大貴族、通常の伯爵だったとしても治める土地が貧しいか富んでいるかで権力を変えられる。

スポーンサードリンク

関連ページ

公爵とは?他の爵位とはチョット違う
小説は誰にでも書けます。義務教育を終えた語学力があれば。問題となるのは、書いた小説が誰かの心を動かせるかは別問題という点です。すなわち誰にでも小説は書けるけど、良い小説を書けるかは別というわけですね。当サイトでは、皆様が良い小説を書くためのヒントをご提供させて頂いております。ぜひ、お役立て下さい。
爵位の特徴と小説での使い方
小説は誰にでも書けます。義務教育を終えた語学力があれば。問題となるのは、書いた小説が誰かの心を動かせるかは別問題という点です。すなわち誰にでも小説は書けるけど、良い小説を書けるかは別というわけですね。当サイトでは、皆様が良い小説を書くためのヒントをご提供させて頂いております。ぜひ、お役立て下さい。