小説の書き方入門

 
スポーンサードリンク

基本設定記事一覧

爵位は、伯爵が基本だと考えれば理解をしやすいのではと思います。伯爵が世間でイメージされる貴族像に、最も近いからです。そして他の貴族位と性質が大きく違うのが公爵となっています。今回は、そんな公爵についてお伝えします。公爵は2種類ある公爵と呼ばれる爵位は2種類が存在します。これは日本語にされるとき、公爵を2つ作ってしまった事が原因という間抜けが原因です。ですから公爵が2つあるのは日本だけで、海外ではし...

小説で使う事の多い爵位。一番上は公爵だけど少々特別。王族が一時的に名乗ったり、国外の有力者を取り込むために使われる。だから、世の中の多くの人がイメージするのは公爵以外の爵位だと考えた方がいい。その中でも世間一般のイメージと最も合致しているのが伯爵。爵位は伯爵を中心に考える爵位を考えるとき、伯爵を基本と考えた方がいい。他国と接する国境地帯(辺境)に、領土を持つ大貴族が侯爵。伯爵の子息、分家などが名乗...

小説を書くとき、主人公の出世を考えた場合に爵位が必要となる事があります。そのような場合に備えて、爵位について勉強をしておきましょう。なお爵位は、伯爵を基準に考えると分かりやすいですよ。侯爵(marquess)語源は辺境伯(markgraf)他国と接する国境地帯を守る貴族。間違いなく大貴族で、普通の伯爵よりも広い領地を持っています。とうぜん他国からの侵入に対して、軍事指揮官の権限を持っています。小説...