小説初心者の出だしは主人公の欠けから

 

小説初心者の出だしは主人公の欠けから

クライマックスを決めたら、出だしの部分を決めます。

 

いわゆるファーストシーンのことです。

 

出だしは、読者さんに興味を持ってもらえるかを決める重要な部分。

 

とにかくインパクトのある出だしを目指しましょう。

 

初心者向けの出だし

 

小説の出だしには、とにかくインパクトが大切。

 

ですが経験が少ない段階では、読者さんにインパクトを与えるのは難しいですよね。

 

そこでオススメしたいのが、主人公の欠落した環境を書くと言うこと。

 

物語の基本は、主人公が足りない何かを埋めるために動くことにあります。

 

”人の不幸は蜜の味”というように、他人が持つ欠落した環境というのは人の興味を引くものです。

 

また最初に主人公の欠落した物を描くことで、物語の方向性が読者さんに伝えられます。

 

このため物語を理解してもらいやすくなるというメリットもありますよ。

スポーンサードリンク

関連ページ

小説の書き方|初心者も気軽にチャレンジ!
小説は誰にでも書けます。義務教育を終えた語学力があれば。問題となるのは、書いた小説が誰かの心を動かせるかは別問題という点です。すなわち誰にでも小説は書けるけど、良い小説を書けるかは別というわけですね。当サイトでは、皆様が良い小説を書くためのヒントをご提供させて頂いております。ぜひ、お役立て下さい。
小説初心者に伝えたい秘伝|クライマックスから賭け!
小説は誰にでも書けます。義務教育を終えた語学力があれば。問題となるのは、書いた小説が誰かの心を動かせるかは別問題という点です。すなわち誰にでも小説は書けるけど、良い小説を書けるかは別というわけですね。当サイトでは、皆様が良い小説を書くためのヒントをご提供させて頂いております。ぜひ、お役立て下さい。