小説の書き方入門

 
スポーンサードリンク

初心者向けの物語作り記事一覧

ストーリーを書くことは神秘的な作業ではありません。一定の手順を踏む事で生じる生産物こそがストーリーです。最初に行うのは?ストーリーを作るには、最初に情報を集める必要があります。この情報を集める工程を抜かすと、小説を書いている最中に挫折をする事に。情報を集めないと、使えるリソースが自分の頭の中にある物だけになるからです。ストーリーを書くのは2ステップ大きく分けると、ストーリーは以下の2ステップで作ら...

小説の舞台とメインとなる登場人物を決めたら、物語のクライマックスを考えます。「いきなりクライマックスを決めるの?」このように思われるかもしれませんが、この段階で十分に可能です。クライマックスを決めるメリット小説を書くとき、初期にクライマックスを明確にしておく方法は秘伝といっても良い程の効果があります。具体的な効果としては──主人公と敵役の考えが明確になる主人公の最終目標が明確になる何が無駄になるの...

クライマックスを決めたら、出だしの部分を決めます。いわゆるファーストシーンのことです。出だしは、読者さんに興味を持ってもらえるかを決める重要な部分。とにかくインパクトのある出だしを目指しましょう。初心者向けの出だし小説の出だしには、とにかくインパクトが大切。ですが経験が少ない段階では、読者さんにインパクトを与えるのは難しいですよね。そこでオススメしたいのが、主人公の欠落した環境を書くと言うこと。物...

登場人物や物語の舞台を決定したら、いよいよ小説の制作を開始します。基本は欠けた部分を満たす事ために、主人公が動くことで物語は進んでいきます。物語を進めるときエンディングを迎えるためには、主人公はエンディングに辿り着くための条件を満たす必要があるのでしっかりとこの点を考えておきましょう。主人公が満たすべき条件小説で描く物語の大目標は、欠けた部分を満たすこと。そして欠けた部分を満たすには、いくつかの問...

物語は、現実と理想のズレを埋めるために進んでいきます。ここでいう現実とは現状、理想というのは物語のエンディングにおける主人公の状態です。現状とは?主人公の置かれた状況は、物語が進むことによって変化していきますよね。とうぜん主人公は、自分の置かれた状況が変化するたびに”次はどう動けば理想の状況に近づけるのか?”と考えているハズです。このように考えるとき、主人公は自分がどのような状況に置かれているのか...