小説の戦記物:戦術などの基本

 

小説の戦記物:戦術などの基本

どのように戦争を勝ち抜くか?
これは小説のジャンルによっては、詳細を明記しなくても良いシーンです。

 

しかし戦記物などの場合は、この部分を省いてしまうとリアリティや盛り上がりのない作品になってしまうので、作者は最も頭を使わなければならないシーンとなります。

 

今回は、小説のジャンルによっては目玉となる戦争のシーンを考えるヒントをお伝えする記事となっております。

 

賢い軍隊運用の基本

 

賢い軍隊運用を行いたい場合、以下の12点に気を付けて命令を下すようにしましょう。

 

@≪目標≫
 何のために戦うのか? 政治、戦略、戦術、戦場など様々な規模の目標がある シミュレーションゲームでいう所の勝利条件
A≪攻撃をすることで主導権を握る≫
 攻撃をすることで敵を翻弄できる、防御も攻勢に転じる布石でなければならない(籠城がいい例)
B≪集中≫
 戦力は集中させる、重要な目的や地点に集中させる
C≪節用≫
 集中を実現させるのに必要 重要度が低い場所は相応に兵力などを減らす
D≪機動力≫
 移動が遅いと個別撃破の危険性、逆なら個別撃破が可能
E≪指揮系統の統一≫
 階級制度など 常に変化する戦場は特に誰が指揮官なのかを決めておかないとすぐに潰される
F≪警戒をする≫
 軍隊の最低でも半分は予備出会った方が良い もしも●●だったら?
G≪奇襲≫
 夜襲、新兵器、伏兵など敵の予想外の攻撃を準備
H≪簡明な命令≫
 兵士が分かりやすい命令を出す 教育などで兵士に命令方法を学ばせておく
I≪補給線≫
 補給線を維持できなければ、包囲される、士気が下がる、兵器が使えない @目標に反しない範囲で補給は死守する
J≪戦術≫
 『迂回』『包囲』『突破』の順に敵の倒し方を考える 敵よりも有利な状況を作る
K≪情報収集≫
 敵と自分と周囲(他国、世界情勢)に関する情報を集める、情報をうまく扱うための部署を作る

 

軍隊を動かすのなら知っておきたい事

 

軍隊を動かすのなら、最低でも以下の3点は考えておくようにしましょう。

 

@戦闘力
 兵器、士気、地形
A持続力
 食料、燃料:人数が少ないほど、必要燃料が少ないほど高くなる、補給部隊うあ補給拠点で補う
B機動力
 移動する、高いほど効率的に戦える、人数が少ないほど高まる

スポーンサードリンク

関連ページ

対となるキャラクターの設定
小説は誰にでも書けます。義務教育を終えた語学力があれば。問題となるのは、書いた小説が誰かの心を動かせるかは別問題という点です。すなわち誰にでも小説は書けるけど、良い小説を書けるかは別というわけですね。当サイトでは、皆様が良い小説を書くためのヒントをご提供させて頂いております。ぜひ、お役立て下さい。