小説の書き方!初心者は○万文字から始めよう

 

小説の書き方!初心者は○万文字から始めよう

小説の書き方を学ぶのであれば、初心者であればまずは書くことを考えた方が良いでしょう。

 

とうぜん、小説の書き方についての本を読むのはアリだと思います。ですが本を読んだだけでは、小説を書く能力が向上しないのはお分かり頂けますよね。

 

まずは、小説を気軽に書いてみましょう。その後、本のテクニックを用いるなどしながら、小説のテクニックを磨いていけばよいのです。

 

ここで問題となるのが、初心者は何文字程度の小説を書くのが良いのかという点ではないでしょうか?

 

小説の書き方

 

初心者はまず○文字から

 

初心者が最初に目指したい文字数は10万文字。どうして10万文字なのかというと、この文字数は単行本1冊分に当たるからです。

 

いずれ小説を出版したい! と、考えている方もそうでない方も、単行本1冊分に当たると聞けば多少はやる気が出るのではないでしょうか? すなわち10万文字というのは、やる気が出るという以外に理由はありません。

 

ですが、いきなり10万文字を書くというのは難しいですよね。

 

時間をかければ──と、考えることもできますが、実際に書き始めると続かないことに気付きます。

 

そこでまず、2万文字程度を目指すことをオススメします。

 

2万文字であれば、設定などをしっかりと行えば案外書けるものですよ。

 

2万文字小説の意義

 

初心者の方が最初から10万文字の小説を書こうとすると、ダラダラした展開になったり話に矛盾が用事たりしやすい物です。

 

一方で2万文字程度であれば、話しの全体像を把握しやすいので矛盾が生じにくく、また文字数が少ないため話しがダラダラする可能性も低くなります。

 

なによりも、ゴールが見えているためモチベーションを維持しやすいというメリットがあります。

 

10万文字の小説について

 

最初に初心者の方が小説を書くとき、10万文字が目安になると書きました。それは、単行本の文字数であるという根拠があるので、モチベーションを維持しやすいというのが最大の理由です。

 

10万文字を最初から書ければ良いのですが、これはとても難しい事です。

 

理由はいくつもありますが、個人的に最も問題だと感じる問題は手が止まる事です。すごくいいアイデアを思いついてプロットなどを準備しても、実際に書き始めると手が止まることが多いのが10万文字の世界です。

 

ですから10万文字を書けるか、2万文字ていどの小説を最初に書いて試してみることをオススメします。

 

2万文字の小説を書けたら

 

2万文字の小説を書けたら、その物語の続きを書くことで10万文字までいけそうか考えてみましょう。もし10万文字まで書けそうであるのなら、挑戦してみるのも良いと思います。

 

一方で、無理だな〜と、感じることもあると思います。このような場合は、その時点で終わりにして新しい小説に挑戦しましょう。

 

どちらの場合も、作品を見直して拙い部分を手直しすると、少しずつ筆力がレベルアップしていきますよ。

 

10万文字に挑戦できないと書いた小説が無駄になる?

 

10万文字に挑戦できないと、書いた小説が無駄になるのでは? このように感じる方もいらっしゃると思います。

 

ですが、実際に書いてみると分かるのですが、大概は次に活かすことができます。

 

例えば世界観や設定は、別の小説でも使えます。また、考えたキャラクターも名前を変えて別の小説に出すことが出来ます。

 

このように、10万文字に届かなかった小説も、アイデアのストックを増やすのに貢献してくれるという事です。

 

終わりに

 

まずは2万文字を書きましょう。その後、書けそうであれば10万文字を目指しましょう。

 

今回の記事では、この点が最も重要な部分です。

 

また、2万文字以上は書けなかった小説も、アイデアのストックを増やすという結果をアナタにもたらしてくれます。ですから、10万文字に届かない小説でも無駄にはなりません。

 

なによりも2万文字とはいえ物語を完結まで書けたという事実は、アナタに自信をもたらせてくれます。

 

小説に対して自信を持てないと──大胆な表現を行えない、読者の反応が怖くて思いきった話を書けないなどの問題が生じます。よって自信を持つということは、とても重要だと言えます。

 

ですから、自信を持つためにも、2万文字小説に挑戦してみましょう。

スポーンサードリンク

関連ページ

小説の書き方とルール!意外と重要じゃない小説のルール
小説にはルールと呼べるものがあります。このルールは、小説を書き始めて少し慣れてきた頃から、意識をするようにしましょう。今回は、小説を書き始めた頃から意識を向けたい、4つの基本的なルールをお伝えします。
短編小説の書き方!初心者にメリット満載だという事実
短編小説を書くことには、様々なメリットが存在します。例えば短編は文字数が少ないため、不必要な部分を削ぎ落とす必要がありますよね。この作業により、物語の核となる部分が明確になったりします。今回は、短編小説の書き方と、書くことのメリットをお伝えします。