小説の書き方入門

 

小説の書き方入門編

小説の書き方。
この言葉を検索された方は、小説を書くことに興味のある方だと思います。

 

誰にでも小説は書けます。
文系大学を出ている必要はありません。
日本の義務教育を終えた語学力があれば十分です。

 

すなわち漢字や平仮名、片仮名の読み書きが出来て、二字熟語や四字熟語を知っている。これだけで、小説は書けるのです。

 

問題となるのは、小説を書けることと誰かの心に響くような作品を生み出せるのかは、別の問題であるという点です。

 

では誰かの心に響く作品を生み出すには、どのような事をすれば良いのだろうか?
このヒントとなるのが、このサイトでご紹介している小説の書き方です。

 

小説の書き方

 

小説の書き方について

 

小説の書き方と一言でいっても、文章中の言葉選びもあれば、プロット作成やアイデアの出し方など幅広く存在します。これらのうち、基本的な書き方に集中して学ぶことをお勧めします。

 

特に初心者の方は、高度な手法に手を出さない事を厳守して下さい。

 

初心者の方に基本を徹底して欲しい理由

 

※この部分は読まなくても大丈夫です。

 

世間で良くある勘違いに、情報は多い方が良いというものがあります。

 

情報が多ければ選択肢を多く見つけられます。ですが、情報を処理しきれずに混乱を招いてしまう可能性も存在しております。

 

特に初心者の場合は、情報を多く受け取ってしまうと後者の状態になることがほとんどです。

 

これは初心者の段階というのは、情報の取捨選択の基準を持っていないことに起因します。情報の取捨選択の基準がないので、必要と不必要を判別できないのです。

 

よって、初心者の段階で高度な手法に手を出すと、過剰な情報を手に入れることとなり悪い結果になりかねないので注意をする必要があるのです。

 

どのように小説の書き方を身に着けていけばいいのか?

 

どのように小説の書き方を身に着けて行けばいいのか? この答えは単純です。その答えは、”実際に書きましょう”。この一言に集約されます。

 

書き方を知っただけでは、小説の質が上がることはありません。こういった技術というのは、何度も実際に使ってこそ向上していくものなのですから。

 

ですから、書き方を知ったら短い小説を作るなどして必ず使ってみるようにしましょう。

 

終わりに

 

当サイトでご紹介する書き方は、基本的なものに絞ってあります。基本的な書き方のみであるため、高尚な文章を目指す方には物足りないかもしれません。

 

ですが、高度な手法は基本的な手法の上に成り立つものです。

 

まずは、基本を身に着けるという小さな一歩を踏み出すことから始めましょう。

スポーンサードリンク
更新履歴